リンク
とp

2008年01月19日

Lightwave作業メモ AutomatonとLW9.3でのキャラクターアニメーションの作成方法過程

Lightwave作業メモ AutomatonとLW9.3でのキャラクターアニメーションの作成方法過程


私の作業環境固有の問題かもしれないので、忘れないうちにLightwaveの作業の状況をメモしておく
3DCGもほかのことも飽きてきているので、いつまたLightwaveを起動するか分からなくなる。昨年は、半年ほどLightwaveを起動しなかった。
そうなると、ほとんどの作成方法や作業ファイル名を忘れている。
一番最悪なのは、PCを他のPCにすると使っていたソフトのシリアル番号がわからなくなり、再度購入する羽目になること。
これだけはなるべく避けたい。



<キャラクターアニメーションの作成方法過程>
キャラクタのリグは、AutomatonかIKブースターを使用。
作業が面倒でなければ、IKブースターを使うが、手足を動かす場合は、Automatonが便利。
ディストームはこのAutomatonを日本での標準ツールにすべきである。そうすれば、少しは、MAYAやMAXの便利な環境に近づくだろう。
ただし、たまに設定でエラーになることがある(ほとんどが自分設定ミス)。


●LightwaveのレイアウトでAutomatonを設定するときの注意
準備作業
モデラー
1.Automatonは、Zの正方向に向けて設定されるので、スケルゴンを設定するときは、いままでZのマイナスの方向で作業していたキャラクターを180回転させる必要がある。

または、
通常の作業状態であるマイナスの方向で作業してスケルゴンを設定し、レイアウトで、回転させる方法もある。
このほうほうは未だ試していないが、修正が多いと鏡面での作業がこんがらがるの、レイアウトでの反転作業がうまくいけば非常に高率であると考えられる。


レイアウト
1.レイアウトの新規状態で、Automatonのオブジェクトの設定を行う。
数秒かかる。
新規状態でなくても良い場合がある。私の場合は、以前にAutomatonを設定したシーンファイルからAutomatonを設定したオブジェクトを削除して、別のオブジェクトを読み込んでAutomatonを設定するとエラーになった。
どうやらレイアウトがきちんと関係のないデータをシーンファイルから削除していないのかもしれない。
そのために新規の状態でAutomatonを設定した方がよい。

つまり、別ファイルのシーンを作ってそこで設定して、シーンに読み込む。この場合、Cyclistなどのアニメーションも読み込める。これで同じループアニメであれば、使い回しができる。それか設定が楽になると思う。

2.Automatonを設定したあとで、ライトとカメラの別シーンを読み込む。
ライトの環境光は、10%〜15%か20%くらいに設定する。
そうしないとたぶん暗い。

うまくいくと各所にRigのNULLが設定される。

●乳揺れアニメーションの作成講座
乳揺れは、おっぱいの上下方向とボディの上下方向で行う。
<現在の乳揺れアニメーション作成方法>
左右のバストのモーフを上と下でわけて作成する。
そのモーフをキーフレーム毎に設定する。
その後、ボディの上下方向をキーフレーム毎に設定する。

その後レンダリングして、Directorへ読み込み、AVI出力をする。
その後FlashEncodingを行い、Flashにて出力する。


・問題点
非常に面倒くさい。モーフ毎にキーを設定するので、
おっぱい上がるモーフ
おっぱい下がるモーフ
ボディーを上に動かす
ボディを下に動かす
という設定が必要になる。

またおっぱいがさがるときと上がるときの間隔が必要になるので、何度も調整が必要。
またアニメーションを作成するフレーム数も計算しておかないと、24〜30フレームのアニメーションは、レンダリング時間とPCのCPUの能力によっては、なめらかに再生してくれない。


現在のフレームレートは12フレームにしている。



<今後の乳揺れアニメーション作成方法>
Cyclistという標準プラグインを使うことで、少しは手間が減るかもしれない。


まず、上下に動くモーフを作成して、保存する。これをオリジナルアニメ.lwsとする。
このときに下から上に一連の動きになるようにしておく。
このときにCyclistを設定して、RIgでおっぱいが上下に動かせるようにしておく。
このときはボディは上下に動かなくてよい。


次に、アニメ作成.lwsにライト、カメラ設置をして、オリジナルアニメ.lwsを読み込む。
そしてオブジェクトを上下に動かして乳揺れアニメーションに見えるようにする。

これでオッパイを動かすのに、Rigの回転とボディの上下方向の動きの2つで調整ができるかもしれない?

今後の実験による。



●目標
現在作成中で公開している綾波レイのLightwaveのモデルデータを2月末くらいには、アップしたい。

ShadeもバージョンアップでがんばっているのでLightwaveも負けてはいられない。



関連サイト
Automatonによる歩行アニメーションメモ
http://www.enjoygoodman.com/tips_03_015.html


posted by goodman at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 胸を揺らす 乳揺れアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。