リンク
とp

2007年12月24日

連番BMPやJpeg画像からAVIファイルにするソフトをさがして

連番BMPやJpeg画像からAVIファイルにするソフトをさがしてみた
久しぶりに、連番ファイルをAVIにする必要が出てきそう。
昔はどうやっていたかどのようなソフトを使用していたか、忘れてしまった。

●aviutl
http://ruriruri.zone.ne.jp/aviutl/
BMPを選択できる。Jpegはできない。
AVI出力に時間がかかる。操作が遅いときがある。(個人的環境による感想)

●TMPGEnc 無料版ダウンロード
http://www.tmpgenc.net/ja/j_main.html
起動して、映像ソースの参照から連番BMPのあるディレクトリを開いて、連番BMPファイルを選択する。
一見すると1つのファイルしか選択して出力されないように思えるが、ファイルメニューのファイルに出力からAVI出力を選択すれば、連番BMPがAVIファイルに出力される。
ただし出力にはDirectorやFlashよりも時間がかかる。(個人的な環境なので、違うかもしれないが。)


●「Suzuka」はFlashムービー作成ソフトです
http://www.cty-net.ne.jp/~uzgensho/
「2006年 窓の杜大賞」
フリーでありながら、テキストエフェクトやスクリプトも組むことが出来るなど、非常によくできたソフト。こういったソフトを作ることが出来る実力のある人は、よりよい環境を持つ会社でがんばってもらいたい。

連番となったファイルをコマ動画として登録できる。
ただし、連番の読み込みが30ファイルくらいを一気に登録できなかった。(WindowsXP たまたまかもしれない。)
ただし、10ファイルくらいだと登録できた。登録の仕方になにか方法があるのだろうか。


●Adobe MacromediaDirectorかFlash
個人的には、やはりDirectorやFlashのほうが扱いやすい。単にいままで使っているだけである理由が多い。

結局DirectorやFlashになってしまう。
ただし、Flashは位置決めをきちんとしておかないと面倒。
その点Directorは後からでもステージサイズを調整できたり、フレームスピードを調整できるのでなにかと便利。






涼宮ハルヒの約束ゲームは正統派のテキストアドベンチャー形式で、アニメと同キャストによるフルボイス仕様。
プレイヤーは校内を移動しつつ様々なキャラとの会話を通してストーリーを進めていくことになります。

アップルApple iMac 2GHz Intel Core 2 Duo 20"TFT [MA876J/A] + 1GB増設メモリセット(メモリ合計2.0GB)2.0GHz、先進のデュアルコア Intel プロセッサを搭載。かつてないスピードを誇ります。写真の編集からゲームまであらゆる事に対してパワフルになったパフォーマンスをお届けします。
audio-technica 密閉型インナーイヤーヘッドホン●指で押してフィットさせるフォルムで装着感UP
●インナーインの密閉タイプで快適リスニング
●ネオジウムマグネット搭載の口径11.5mmユニット採用
posted by goodman at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利ソフトユーティリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。