リンク
とp

2007年12月15日

LightwaveでLscriptを使う講座

LightwaveでLscriptを使う講座


Lscriptを使ってみようとして、マニュアルを見る。
使い方は、テキストエディタでもよいようだ。
基本的にコマンドモードとMesh Data Edit モードがある。
コマンドモードは、すでに用意されている状態でのコマンドでカット、ペースト、例えばmove()やrotate()、bevel()
などやextrude()など。

Mesh Data Edit モードは、ポイントやポリゴン単位で操作させたい場合に使うらしく、宣言が必要らしい。

ポイントをマージする。ただし、ポイントを選択しなければならない。
main
{
// 選択されているコンポーネントのみを編集します
selmode(DIRECT);
// 現在選択されているポイント数を取得します。
pntCnt = pointcount();
if(pntCnt == 0)
{
error(“No points selected”);
}
// 選択されているポイントのリストを集めます
editbegin();
// 最後に選択されたポイントの座標地を確定します
lastPntPos = pointinfo(points[pntCnt]);
for(currPnt = 1; currPnt <= pntCnt; currPnt++)
{
// 最終ポイントの座標位置に移動します
pointmove(points[currPnt],lastPntPos);
}
editend();
// ポイントを統合します
mergepoints();
}







ビクター ノイズキャンセリングヘッドホン [HP-NCX77]

『ビタホワイトプラス240錠』
ビタミンCが2倍、ビタミンEも50mg/1日配合はスゴイ!!【ハイチオールCを超えた!!】
【小林製薬】ナイシトール85 180T 防風通聖散配合
ラベル:Lscript
posted by goodman at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Lightwaveで3DCG制作中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。