リンク
とp

2007年05月21日

映画の感想 主人公は僕だった

映画の感想 主人公は僕だった

特殊効果はないのになかなかおもしろかった。
単なる恋愛物に、作家の語り手の手法を加えて、主人公の人生と作家の人生を交差させてストーリーが展開する。

何も取り柄のないキャラクターなのにちゃんと主人公となってストーリーが展開するところがいい。

作家のたばこを消す仕草が非常に気持ち悪い。テレビ放映があればその部分はカットして欲しい。


こういった映画を見るたびに何かをしなくては思う。

日本映画もこれくらいひねりを入れた脚本を考えて欲しいと思う。



映画評価額
1400〜1800円




{イースト菌有機天然酵母9g×40JAS有機認証品
ドライイーストタイプだからご家庭で簡単にオーガニックパンが作れます。厳選された酵母{イースト菌・Saccharomyces cerevisiae(サッカロミセスセルビシエ)steineri DSM9211}を、有機小麦を主原料に純粋な湧き水を使用し、完全オーガニック栄養素で育てたドライイーストタイプの有機天然酵母です。(ドイツBCS有機認証団体認証JAS有機認証品)酵母もそれを育てる原料も全て遺伝子組換フリーです。(ドイツLACON有機認定団体認証)


あめdeわたあめキャンデーでわたあめが簡単に作れる。

超A級保存版ほしのあき胸は平成16年ごろが一番デカかったですね。すごく大きくて下着を外したときに重みを感じていました

ラベル:映画 感想
posted by goodman at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。