リンク
とp

2012年11月13日

その7、iPhoneアプリ開発中、cocos2d 11月になってました、ようやく、iTunesConnectにiPhoneアプリを申請できました。1個目

その7、iPhoneアプリ開発中、cocos2d 11月になってました
ようやく、iTunesConnectにiPhoneアプリを申請できました。1個目ができました。


申請はけっこう面倒くさいですね。書籍を見ながらで1時間かかりました。

おまけに、最後のアプリアップロードチェックで、プロジェクトのOSが4.0で古く、エラーが表示されました。
そこで、6.0にしたら、今度はcocos2dの警告が続出。こんなときに警告がでるのかよ。という気持ちです。
とりあえず、対応できる範囲で修正しました。COCOSヘッダー関係の警告はさわりようがないのでそのままにしました。
そしてアップできたかと思えば、今度は、スナップのサイズが違うとかという警告が表示されていました。
サイズを変えてアップしました。

ちょっとしんぱいなのが、
1.アイフォン4の320x480のサイズで作成したので、4インチサイズではないとチェックで引っかからないのかという点、
2.日本語、英語で申請して、英語には日本語版をそのままダウンロードしてもらうつもりで、英語ではないのがわかってしまう点。書籍に、英語も入れておけよというのがあったので2言語対応ではないものをアップ。

この2点で修正依頼がきたら
とりあえず言語は日本語のみにして、サイズについてはiPodタッチを買ってから調整しますか。

申請に関して参考にした書籍2冊は、
コピペではじめるiPhoneゲームプログラムミング
cocod2d for iPhone レッスンノート

どちらも、申請について画像で説明してありとても参考になりました。
ほんとに助かりました。解説がなかったら申請できなかったのではないか。

ただ、掲載の画像と実際の画像が変わっており、戸惑いました。
とりあえず、1時間ほどかかり、その間画面を録画しました。

12月7日に設定したので、うまくいくかどうか

その後、
翌日、よく考えて、英語を削除しました。
日本語版しかないのに英語にも申請すると、却下されて、再度修正すると公開日が延びそうな気がするので。
英語版を作成してバージョンアップすれば済むことなのかと思いました。
一応、ガイドラインには、除外の指定国が無ければ、全世界に公開とありました。
しかし、2バイト文字が表示できるマックでなければならないし日本語フォントがインストールされていないと行けないし、日本語がわからないとダウンロードしないだろうから、きちんと、英語版も考えてアプリをつくらないとなりませんね。

備考
英語をデフォルトにして、日本語にデフォルトに修正するのは、iTunesConnectのサイトの設定でできました。削除したり、再度入力の手間はありません。
また、日本語をデフォルトにすると英語がサブみたいになります。そして、この英語も不要ならば削除できます。
削除するのに、手間がかかりました。どこにもDeleteボタンがないのです。
AddやEditはあるのにDeleteだけがないのです。
なんのことはなく、Englishを選択すると遷移したページにDeleteボタンがありました。
つまり、Englishのプルダウンで、Deleteボタンは無くてAddやEditだけあります。
Deletenは、Englishを選択したページに表示されているという、少々説明しにくいUIに隠されていました。

ということで、
最初は
英語、日本語で申請でしたが、
日本語にiTunesConnetを設定しました。アイフォンアプリ側XCODEはなにもしてません。昨日にアーカイブしたままです。

できれば、ここら辺をわかりやすくまとめたいですね。
どこまでをいつまでにするべきで、ローカライズや必要な画像、画面、文章を用意するのかなど。
特に、アーカイブでエラーやワーニング警告がでると、日程が大きく狂いそうです。
これはやってみないとわからなかったり、気づかなかったりなので少々注意が必要です。
posted by goodman at 23:00| Comment(0) | アイフォンiPhoneアプリ開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。