リンク
とp

2009年03月12日

メモ 特許庁の特許文献の検索は難しい。アップルのウォズニアックのマイクロコンピュータのディスプレイの特許

メモ 特許庁の特許文献の検索は難しい。アップルのウォズニアックのマイクロコンピュータのディスプレイの特許

 英語の勉強のために、アップルのウォズの英語の特許を日本語に和訳している。でもよくよく考えてみれば訴訟大国アメリカ。

アップルであれば、日本への特許をしているはずなので、探してみた。

 人によって、登録名が異なるようで、意外に検索がヒットしない。


最近の特許しか出てこない。

どうやら、アメリカの特許に日本の特許番号が記載されているらしいので、そこから直接検索する。

見つかった。

ウォズニアックディスプレイ特許
 画像。


「アップル」が「アプル」だし、
「ウォズ」が「ヴォツ」として登録されているので、検索されないはずだ。
英語の読みと言うよりは、発音で登録しているのだろうか。

アップルで登録している場合もあるので、特に決まっていないのかな。

 特許庁のホームページは、グーグルのような検索エンジンを導入した方が、検索ももっと便利で、無駄な特許出願が無くなるような気がする。

それによって今後の日本技術をもっと向上させると思う。
企業は、無駄な開発をするよりも既存の発明を流用した方が早いし、開発費が浮くだろう。


ウォズニアック(Steve Wozniak) パーソナル・コンピュータ US4136359 1979年
http://v3.espacenet.com/origdoc?DB=EPODOC&IDX=US4136359&F=0&QPN=US4136359
開発者だから特許を持ってて当たりだけど、いままであまり耳にしなかったので、意外だった。
パテント料がいっぱいはいっただろうな。

http://wiredvision.jp/archives/200006/2000061907.html



豊田佐吉の木製人力織機(日本特許番号:1195)
番号が「いろはにほ」だ。
図がまさに江戸時代風。
不二子藤雄ではなくて、藤子不二雄のキテレツ大百科に出てくるタイムマシンみたい。
posted by goodman at 11:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。