リンク
とp

2008年11月22日

アマゾンWebサービスAPIを試してみる1

アマゾンWebサービスAPIを試してみる1

 まだ楽天APIをさわったばかりだけど、アマゾンのAPIはどんなだかIDを取得してみる。
取得は、海外アマゾンになるらしい。
取得後に
http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?”実際は、もっと長ったらしいURLになる”
にて試してみる。
アフィリエイトするには、サブスクリプションとアソシエイトのIDが必要。

1つの本のタイトルまでにかなりいろいろな情報が入っている。
画像情報も含まれているので、参考画像を表示させやすい。

参考ページの検索を実行してみたら、内容が一部正常に取得できはしなかったが、簡単に検索ができている。(IDを入った状態で、)これは便利かもしれない。
 参考ページで特に参考になったのは、アダルトページを除外するサンプルコードが含まれていること。
 こういった細かいことは、やってみないとわからないからありがたい。

(以下は、タグは、記入されているが、表示されない。)






True

(略)


石川 直人
単行本
9784797327076
87
4797327073

906


2310
JPY
¥ 2,310

ソフトバンククリエイティブ
242
Book
2005-03-30
ソフトバンククリエイティブ
ソフトバンククリエイティブ
自分で作る blog ツール
132
724



(略)

参考URL
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0501/17/news004_5.html
タグ:アマゾン ECS
posted by goodman at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | API、PHP、Perl、Web シェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110023689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。